K.BLOG

千葉県柏市にあるベスパ専門店K.B.SCOOTERSブログです。

 最新情報、ベスパの修理な事からvespaに関係ない事などなるべく日々更新

蔵出し的な赤い奴

午前中、蔵出し?的な20年間倉庫で眠っていたというベスパ50sを


縁あって引き取ってきました。
パッと見は20年眠ってたな・・・って感じでしたが、軽く磨いてみたらピカピカに。
ボディー状態は


フロアもバッチリ生きてる。
錆無し。
この50sは車体番号から調べたら1979年製。
昭和55年に購入との事だからそんな感じですね。


車体番号を管理するステッカーも残ってます。
シート下には


車載工具とオーナーズマニュアル。
タイヤは


当時のままなMICHELIN ACS。
オリジナル度が高い車両です。
といってもこのタイヤじゃ劣化していて走れないけど(笑)
引き取りに行ったときに貼ってあったステッカーも

 


80年代って感じですね(笑)
色は赤。
日焼けしやすい。
ステッカーの貼ってあった痕が残りそうだな~、と恐る恐る剥がしてみたら、痕跡無しの優秀選手。
倉庫保管で日に当たってなかったのかな。
この痕が残るかどうかで車体の価値が決まるといっても過言ではなかったので残らなくて良かった~。
走行距離は


1850km。
軽くキャブ掃除してタイヤ交換すれば乗れちゃうでしょ!
とはいきませんね~・・・
39年前のベスパ。
走行距離は少ないけど、エンジン開けてオイルシール類の交換は必須。
車体の方もグリスなどが固まっているから各所ばらして洗浄、再度グリスアップなんて作業はしなきゃダメ。
ハンドルパイプも固着気味。
販売車両となってオーナーになる方の手元に行くまでには長い道のりが。
色を塗り替えないだけで、ほぼ全バラのレストア作業みたいな感じとなりますね。
そこまでやってもベスパ50sだから販売価格は・・・と悩ましい感じですがw
エンジンオーバーホールとなるので排気量を105ccにしてギア比も変更、キャブも19mmの物を組めば使える奴になります。
といっても、チューニング車という感じで組むのではなく、耐久性を考えて優しい感じにすればツーリングにも使えちゃう。

といった感じのベスパ50s、次のオーナーとなる方が現れるまでKB内でもうひと眠りしてもらいます。
気になった方いましたらチェックしに来てくださ~い。

さて、作業に戻るかなといった感じでサヨウナラ

2018年03月06日

荒れて駄目で

パーツ揃ったという事で


ガンガン組むよと取り掛かったベスパPX125FL2のエンジン、仮組みの段階でつまづく。
原因は


新品の純正キックラチェットギア。
パーツよりも自分を疑い再チェック。
しても問題出ることなどない部分。
ラチェットギアをチェックするのにクランクケースを組んでバラシて繰り返す。
原因は分かった。
そして純正パーツといえども信じちゃだめだね。
ベスパはクランクケースを閉じないと腰下の各パーツががきちんとした位置に納まらないから困る。
クランクケース閉じちゃうと見たいところが見えなくなっちゃう。
ちょっと厄介ですね~。
という事で無駄な時間が過ぎていきました。
解決したからまぁいいさ。

そして、このエンジンは腰下にガソリンが流れ込んでいたんですが、そんな事になっていたエンジンは


腰下のゴムパーツはガソリンに侵されブヨンブヨンになっちゃいますね。
そして


クラッチのフリクションプレートも要注意。
コルクを接着している接着剤が駄目になりボロボロ剥がれてくることがあります。
このエンジンは大丈夫だったけど、ガソリンが流れ込んで時間が経つと、鉄のパーツの表面の油分がガソリンに洗われて錆が発生していて壊滅的なダメージを受けていることも多々ありますね。
錆びる前にオーバーホール出来て何よりでした。

ってな作業だったもんで殆んど外に出ないで引き籠っていたけど店外は大荒れでしたね。
春の嵐。
気付いたら雨もやみ静かな世界に。
と思ったらまた降ってきたようで。
明日は晴れますようにといった感じで本日これにて。
サヨウナラ。

2018年03月05日

揺られたい。揺られながら

今日は午前中から事務仕事。
午後からもなんだかバタバタとしていて


ベスパPX125FL2のエンジン洗浄したり、他のベスパの下拵え作業的なことをしていてたらこの時間。

忙しいのは良い事。
なんだけど、忙しい時ほどツーリング行きたい!とかあれこれ妄想してしまったりしますよね。
今一番自分がしたい事は


ロッキングチェアに座ってのんびり読書だな~。
小学生の頃から読書は好きだったけど、20歳前後くらいの時が一番本を読んだ時でした。
文庫本なら一日3冊以上読んでたし、それは、暇だった時ともいうのか。
それが今では一冊の本を読むのに1か月近くかかってるな~。
ロッキングチェアーは持ってないけど、いつの日にか欲しいな~と思っている椅子が一脚あったり。


イギリスのアーコールのゴールドスミスというシリーズのロッキングチェア。
昔、知人宅に置いてあり、デザインと座り心地にやられて憧れの一品となりました。
欲しいな~。
今買ったところで座ってゆっくり読む時間ないし置く場所ないし、買う金もねwといった感じだけど、いつの日にかこのロッキングチェアとゆっくり本を読む時間が手に入れる事が出来たらいいな。

あっ、置く場所ないけど、ゴールドスミスのロッキングチェアー、邪魔だからあげますよ。ゴールドスミスではなくクエーカーなんだけどいります?なんて方いたら、喜んで頂きますよ~!なんてくだらない妄想コ〇キ話書いてないでお仕事ですね。
ソレデハ

2018年03月03日

抜けてた。

本日エンジンご開帳なベスパPX125FL2は


クラッチサイドのクランクシャフトオイルシールがブヨブヨにふやけているだけではなく、リップに細かいクラックも入っていました。
キックがスカスカだったんだけど、キック関係、クラッチには問題がなくこれが原因だったようで。


ピストンに傷が入っていたけどシリンダーには傷が入っていないレベルだから圧縮が漏れるほどでもなく原因には関係ないな~。

という事が判明する前、エンジンを降ろす際


キャブレターが間違った感じで組み込まれていたからキャブを外すの手こずりました。
誰だ間違った組み付けした人は!
という事を言いたいのではなく、外すの苦労したという事は組み付けはもっと大変。
組んだ人、器用だったんだろうな~。
などと想像しながらの作業となりました。

っで、


壊れた耕運機のパーツというかただの紐が届いたけど、耕運機の修理やってる暇はなかったようで。
ベスパに専念。
と言いたいところだけど、耕運機より確定申告(笑)。
そろそろ、領収書の束との戦いが始まる。

といった感じで本日これにて。
サヨウナラ

2018年03月02日

切れて終わって荒れて始まる

朝、激しい雨音で目覚め、もうひと眠りと思ったら落雷の音で再度目が覚める。
そんな大荒れスタートな3月、そうだよ3月だよと先程、ホームページ等の営業案内を変えてみたり。
今月は3/24(土)がイレギュラーなお休みの日となります。
そんな本日の昼ごはんは


大きくならない芽キャベツと最後のスティックセニョールを収穫しパスタに。
美味しかった~。

そして昨日は定休日。
朝から登録やら廃車の手続きなどであちらこちらへ。
帰ってきて、やばい、ジャガイモ植えるスペースだけ耕しておかねばと


自慢の赤いモンスターマシンを操る俺。
バッテリーレスなベスパ同様、耕運機はフラマグ点火なもんで久しぶりにエンジンかけてもバッテリー上がってかからない・・・なんてことがないから良いね!
と言いたいところだけど中々エンジンが始動しない。
これはキャブばらさなきゃダメか?
と思った瞬間に気付いてみる。


イグニッションスイッチがOFFだじゃん。
ONにしたら即始動。
キャブじゃなくて自分が駄目だったご様子。
そして、最初の写真のところで耕運機はストップ。
ガス欠。
あと少しだったのに・・・と給油。
再スタート!
と思ったら


スターターの紐が切れちゃった・・・
マジか。
これではエンジン始動できないよ。
さっそく、ネット検索かけて紐の交換の方法を調べつつ、紐を注文。
の前に


ばらして紐の太さと長さを計って注文。
届いたら交換。
つうか、ほんとあと少しだったのにな~。
しかも忙しい時に限ってこれですかってな感じですね。
30分以内で終わる作業が。。。
まっ、いいさ。

と、ホームページの更新ついでにブログ書いてみました。
さて、作業に戻ります。
ソレデハ

2018年03月01日
» 続きを読む